photo by gettyimages

元経済ヤクザが総括「ゴーン氏は、もはやマフィアを超えた」

逃亡は「新展開」ではなく「帰結」
4件の罪で起訴されていた元日産会長、カルロス・ゴーン氏(65)が日本を密出国したのは昨年末のことだった。この逃亡劇は、日本国内は元より世界中でニュースとして報じられ、衝撃を与えているが、私は冷ややかだ。

ゴーン氏の犯罪内容を知悉した私は自著『金融ダークサイド』(講談社)でその悪質性を詳細に分析しており、そのことが実証されたに過ぎないと考えているからだ。犯罪者が罪から逃亡するために犯罪を重ねるのも、暗黒街の日常だ。

むしろ興味深かったのは「ゴーン事件」を試薬として、浮かび上がったいくつかの問題だった。黒い国際金融の実務者だった私が、ゴーン氏の暗い未来を交えながら明らかにしたい。

浮かび上がる「ドス黒い欲望」

2019年12月30日、日産トップの立場を余すことなく利用して私腹を肥やしたゴーン氏がレバノンに密出国した。ゴーン氏は、以下の4件の罪で東京地検特捜部によって起訴されている。

 
・2010~14年度の役員報酬を有価証券報告書に虚偽記載したことによる金融商品取引法違反罪
・15〜17年度の役員報酬を有価証券報告書に過少に記載したことによる金融商品取引法違反罪
・サウジアラビアの友人側に日産資金を不正支出したとされる会社法違反(特別背任)罪
・日産自動車の資金をオマーンの販売代理店に不正に支出した特別背任罪

私が特に問題にしたのは、サウジアラビアルートとオマーンルートだ。一言でまとめれば、実際の商取引に見せかけて、資金を迂回させて自己に還流していたということだ。現金をダイレクトに移動させていれば誰でも理解できるのだが、資金移動にSBL/Cという多くの日本人には不可知の証券を使ったことで悪質性まで覆い隠した。

すでに昨年7月に発売された自著で、その犯行を詳細に解説しているので、ぜひ読んで欲しい。まずは今年始まる初公判を控え、罪を逃れようというドス黒い執念によって練られた綿密な逃亡計画を、報道を元に整理していこう。