Photo by gettyimages
# ゲーム # ソニー

PS5年末発売決定、それでもまだ「PS4のターン」が続くワケ

熟した“果実”を刈り取る1年に

家庭用ゲーム専用機の商品寿命というのは、だいたい5〜6年と言われています。6年ぐらいすると、新しいゲームハードが登場し、代替わりするんですね。

PlayStation4(以下、PS4)がいつ発売されたか、みなさんご存知でしょうか。北米などで最初に登場したのは2013年11月15日、それから少し遅れて日本では2014年2月22日発売でした。そう、もう昨年末には6年が過ぎているんですね。遅れて発売された日本でも、もうすぐ満6歳を迎えます。

Photo by gettyimages

というわけで、2020年はPS4の次世代機、PlayStation5(以下、PS5)が発売されることが発表されています。新ハードが登場する2020年のゲーム業界はどうなるのか、PS5はもちろんのこと、任天堂のニンテンドースイッチなどの動向も含めて、考えてみたいと思います。

PS5は“没入感”がテーマに

年末発売予定のPS5ですが、発売元となるソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)によると、「没入感をさらなる高みへ導くこと」が1つのコンセプトになっているようです。

 

そのために、たとえばコントローラーの振動機能にハプティック技術が採用されています。車が壁に激突する振動と、フットボールでタックルされる振動を、震えの違いで表現する、というようなものです。

他にも、人差し指で握るトリガーボタンの抵抗力をプログラムして、たとえば弓を引き絞る感覚などを再現する「アダプティブトリガー」も採用されます。また、触覚だけでなく、立体音響によって聴覚からも没入感を高めます。