現在外資系投資会社に勤務する川村真木子さんは、UCバークレー卒業後、長く外資系投資銀行でマネージングディレクターとして活躍してきた「バリキャリ金融女子」。現在高校生のお嬢さんがいるワーキングマザーでもある。

金融から政治、スポーツに生活まで本音を鋭く語る「長文社会派インスタ」が人気の川村さんが先日ディナーの場で聞いた「ある言葉」とは――。

川村真木子さんの今までの記事はこちら

「バリバリ働いて婚期を逃すと困るのよね」

先日、のびのびになっていた知り合いのお嬢さんの就職祝いディナーがあった。お嬢さんはこの春トップクラスの私立大学を卒業予定で大手企業の一般職の内定を持っているそう。そのお嬢さんの母親いわく「女には賞味期限があるから、バリバリ働いて婚期を逃されても困るのよね」。とにかく大手企業の一般職という内定を一番喜んでいるのはお母さま……私にはそう見えた。

Photo by iStock

「女の賞味期限」って言葉は私の中で間違いなく大嫌いな言葉ランキングのトップ5に入る。誰が言い出したのか知らないけど、賞味期限って何? 失礼にも程がある。某婚活アドバイザーによると、昔は25歳まで、今はそれでも28~30歳ぐらいだそうなので大して長くなってない。日本人の寿命はどんどん長くなってるのに。要するに22歳で社会に出て最長で8年間で、女は人生の岐路を決め結婚しないと「賞味期限切れ」のゲームオーバーってロジックらしい。

そもそも「女の賞味期限」ってとんでもなく失礼な言い回しだし、それを言われて嫌な気持ちにならない女子は殆どいないと思う。「男の賞味期限」なんて言葉聞いたことないしね。その点を一つ取っただけでも、この世界は如何に男女不平等か分かる。

なのに、時々「うーん、私は女性差別など一度もされたことないです」とか「 男女差別を受けるのは、受ける人にも問題アリだと思う。可愛げがなかったり、自己主張が強かったり」って言ってくる女性がいてイラっとする。こういう人に今度遭遇したら「女の賞味期限問題」をぶつけてみよう。