2020年がスタートしてから約半月。お正月モードも切り替わり、今年の運気アップの波に乗る準備もできたのでは?

そこで、風水や占い、漢方などの難しい概念を楽しく取り入れやすくレクチャーし、人を環境面と身体の内面からHAPPYにするために開運エンターテイナーとして活動している人気風水芸人・出雲阿国さんに、1月の今やっておくべき「開運アクション」を聞いてみました。

出雲阿国さんのこれまでの記事はこちら

2020年の1月はズバリ
「外見を変えるべし!」

新年明けて「今年こそいい年にするぞ!」と、目標を立てたり意気込んでいる方も多いはず。そこで、年はじめの1月からスタートダッシュを切るために意識した方がいいことについて詳しく教えてもらいました。

Photo by iStock

2020年は、自分の特徴や個性、長所、自分の武器など、“自分の強み”をきちんと知っている人がどんどんうまくいく流れがあるので、自分磨きの頑張り時! 自分の武器を鍛えるつもりで自分磨きに力を入れると、幸運の流れを掴みやすい年なんです。

そのため、1年のスタートに当たるこの1月は『私はこう生きていく!』というテーマを強く周りに提示していくことが大切!

今年1月の開運テーマは『火』の気。火の気は、“目に見えるものを強化する”と活性化していきます。『自分の外見』って、周囲の人に見せる一番の『自分を伝える情報』なので、外見が変わると“自分が発信している情報”が変わります。

自分がどんな情報を周りに発信しているのか、どんな自分のイメージを周りに発信したいのかなど、ファッションや外見の情報を一度見直して、“見せたい自分”をまずは簡単に見えるところから変えていくことで、効果絶大なのが今月なのです。

Photo by iStock

ファッション・メイクの清潔感などもそうですが、自分の表情や立ち居振る舞いなども『見える』あなたの情報。周りの人にいい刺激や情報を『見せる』ことができれば、自然と周りの人も良い運気を受け取り、あなたがいる場所は活性化していく……つまり、パワースポットならぬ、自分が“パワーパーソン”になれるチャンス!

そこで今月は、いつもよりも『無意識で見せていた情報の強化』を意識して過ごしてみるのがいいでしょう。以前から、イメージを変えたい! 人生を変えたい! と思っていた人にはまさにぴったりのタイミング。外見からイメチェンをしてみると成功しやすく、運気アップもしやすい時なので、この機会を掴まない手はありません!

本来、冬は春に向けてエネルギーを貯める時期。新しいことをどんどん始めるよりも現状維持がいいとされていますが、今年は自分を鍛える1年! 今月からなりたい自分に向けた行動を始めるのがオススメです!」