Photo by iStock

外国人客が、ホテルやゴルフ場の「備品」を持ち帰って困っています

テレビや冷蔵庫に枕、便座まで

なんでそんなものまで……。外国人客が増えるにつれ、日本のホテルやゴルフ場からはいろいろなモノがなくなっている。文化の壁か、よほど日本製が好きなのか。でもそれ、日本の常識だと「泥棒」です。発売中の『週刊現代』が特集する。

観光業界の悩み

「うちの旅館の玄関に置いてあった信楽焼のたぬきの置物が、忽然と姿を消していたんですよ。高さ40㎝、重さ5㎏はあったのに……。

近所の旅館が店先に置いといたら『盗まれた』っていうので、うちは玄関に移動させていたんですけど、それでもダメでした。

当日宿泊していたお客さんは全員外国人だったので、そのうちの誰かが持って帰ってしまったんだと思っています」(石川県金沢市の老舗旅館の女将)

'19年に日本を訪れた外国人観光客の数は、およそ3188万人(国土交通省調べ)。東京五輪が開催される'20年には3400万人を超えると言われ、インバウンドによる経済効果は、いまや日本になくてはならないものだ。

ただその一方で、中国などを中心とした外国人観光客と日本人の「文化」や「価値観」の相違は、観光業者にちょっとした悩みをもたらしている。

何しろ彼らは、あらゆるものを気軽に「持ち帰って」しまうのだ。

「インバウンド客の持ち出し被害については、まだ残念ながら大規模な統計調査は行われていません。

ただ、かつて1年間365日、すべてホテルへチェックインするというミッションを自らに課していた私の経験からしても、インバウンドの増加に従い、ホテル関係者から持ち出し被害の話を聞く頻度が増えたのは確かです」(ホテル評論家の瀧澤信秋氏)

 

いったいどんなものがなくなってしまうのか。

京都府宇治市内の中規模ホテルの支配人がこう語る。

「多いのは、浴衣やドライヤーなどです。ドライヤーは1個3000円くらいでしょうか。これまでに掛け軸や花瓶、掛け布団などがなくなってしまったこともあります。

花瓶は1万円、掛け軸は3万円ほどです。掛け布団の時は、『こんなものまでよく盗むな』と思ったのでよく覚えています。

ただ損害額がそこまでではないので、見て見ぬふりをしています。圧倒的に中国人が多いのですが、あちらの旅行代理店と関係がこじれたら困りますし、『返して』と言って返ってくるわけではないので……」