〔PHOTO〕Gettyimages

「若者の中国離れ」が明らかに…台湾の総統選挙を現代史から読み解く

エリートと庶民、北と南…様々な対立

民進党の現職・蔡英文氏が勝利した台湾の総統選挙。その結果からは、台湾の「今」が透けて見えるという。『台湾物語 「麗しの島」の過去・現在・未来』の著者で、明治大学教授の新井一二三氏が解説する。

民進党と国民党の対立

1月11日に投開票が行われた台湾の総統選挙は大方の予想通り、現職蔡英文(民主進歩党、以下民進党)の勝利で幕を下ろした。

予想を越えたのは、彼女が率いる民進党もまた、立法院(国会に相当)で単独過半数を獲得したことだろう。それは同時に、過去75年間、台湾政界を牛耳ってきた中国国民党(以下国民党)の衰退を印象付ける選挙結果ともなった。本稿は、この結果を、ここ20年を中心に台湾の歴史を振り返りながら考えてみたい。

蔡英文氏〔PHOTO〕Gettyimages
 

過去20年の台湾政局をふりかえると、李登輝(国民党)が総統をつとめた1990年代の民主化をへて、2000年に初めての民進党政権(陳水扁総統)が成立して以降、民進党(2000−2008)、国民党(2008−2016)、民進党(2016−2024)と二大政党による2期8年ごとの政権交代が定着したように見える。

しかし、台湾の二大政党制はアメリカやイギリスのように、イデオロギーや出身階層による対立がもたらしたものではない。常に新しい世代が補充されて続いていく形の二大政党制とは異なるのだ。なぜならば、国民党と民進党の対立は、出自と言語の異なる二つのエスニックグループから生じているためだ。

民進党は蔡英文総統も陳水扁前総統も、頼清徳次期副総統も、日本統治期(1895-1945)以前から台湾に住み、母語として台湾語を話す、いわゆる台湾本省人家庭の出身である。それに対し国民党は、第二次大戦後、中国共産党との内戦に敗れた挙句、やむなく台湾海峡を渡った外省人(中国大陸出身者)の政党である。