深刻な「グルメサイト離れ」のウラでグーグルマップに食通が集うワケ

“投稿する楽しさ”を巡って
大久保 一彦 プロフィール

承認欲求を満たしてくれる「グーグルマップ」

グーグルが本格的にグーグルマップ上の情報充実に動き始めたのは、こうした食通たちが次第にグルメサイトから離れていった、まさにその頃です。

グーグルマップには「ストリートビュー」という3Dのパノラマツアーが用意されていて、ストリートビューでは室内を見せることも可能であり、例えばユーザーがお店を利用する前に室内の感じを確認したり、あるいは気に入った席の予約を取ったりすることが可能になっています。

Photo by gettyimages

一方、目的地検索やナビゲーションという機能は、世界中どこでもできる便利な機能で、従来のグルメサイトにはない利用のきっかけをつくります。そして、グーグルマップを利用して店舗などを検索した人にアクティブに働きかけ、「感想を投稿してみんなに役立てませんか?」と投稿を促します。

既存のグルメサイトでは、新規にレビュアーになった人にとって投稿の容易さに欠ける面もありますし、今から投稿しても既存の古きカリスマ・レビュアー以上の存在にはなれません。一方、口コミを書かず、写真だけでも投稿できるグーグルマップは魅力的な存在と言えます。また、飲食店だけでなく観光資源など様々な投稿もできます。

 

グーグルマップは自分の今いる場所を起点に店を探す便利さも持っています。情報が充実するにつれ、その便利さは累進的に激増しています。近くの店を探したら、目的地のレビューを見て、良い店を探して、ルート検索したりできてしまうわけです。

また、グーグルマップはユーザーに対し、投稿した口コミや写真の件数や情報の提供に応じて投稿の質にステージと点数をつけ、自分が投稿した口コミや写真を見たユーザーの件数を明確にしています。そのため、かつてのグルメサイトにあった、ユーザーの承認欲求を満たし、投稿のモチベーションを与えてもいます