Photo by gettyimages

深刻な「グルメサイト離れ」のウラでグーグルマップに食通が集うワケ

“投稿する楽しさ”を巡って

高まる「信頼していない」の声

国内でのグルメサイト離れが止まらない――。飲食店に予約・顧客管理システムの開発・提供等を行う株式会社テーブルチェックが全国のグルメサイトユーザーの男女1112名と、全国の飲食店勤務の男女588名を対象に実施した「グルメサイトに関する消費者意識調査」が今年1月6日に発表となった。

国内大手のグルメサイトといえば、飲食店の店名や住所、電話番号といった基本情報はもちろん、来店客によるレビューや評価が掲載されているほか、近年では直接お店の予約可能なサービスも増えてきている。

Photo by iStock

こう聞くと、年々その利便性が上がっていることから、利用者も増加傾向にあると予想されるが、実情は全く異なっている。

調査結果によれば、グルメサイトの評価や表示順位を「信頼していない」と答えたユーザーの割合は、実に3割近くに達するという。その理由としては、「自分好みのお店が見つからない」などお店選びのミスマッチが挙げられた。

同社は、サイトに掲載されている情報の信頼性低下によって、グルメサイト利用頻度が減少傾向にある、と指摘。いわゆる“グルメサイト離れ”が起きつつあると、結論づけている。

 

しかしその一方で、「飲食店の検索」において、急速にユーザーの利用頻度を伸ばし、FacebookやInstagramといったSNS以上に勢力を拡大しているサービスがある。それが、Googleが提供する地図サービス「Google Map(グーグルマップ)」だ。

実は今、グルメと呼ばれる“食通”たちの間で、グルメサイトではなく、グーグルマップへの投稿が積極的に行われているという。その理由について、飲食店コンサルタントの大久保一彦氏に解説してもらった。