医療従事者も注目するがん専門医ドラマ

1月9日にスタートした、ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』

今までの医療ドラマのような派手さはないが、リアルな病状や患者の心理描写などが、SNSでも話題を集めている。中でも注目したいのは、がん治療に実際関わっている医師たちが、このドラマの感想や医療用語の解説などを数多く上げているという点だ。実際に、ドラマの医療監修も現役の腫瘍内科医をはじめ多くの医師、看護師が関わっているという。

前回の記事では、ドラマの主軸になる「がん専門医の腫瘍内科医とは何か」をドラマの企画協力医でもあり、がんの最前線で腫瘍内科医として活躍する日本医科大学付属武蔵小杉病院腫瘍内科の勝俣範之医師に解説してもらった。

今回は、第2話で大きなトピックスになる「男性乳がん」にフォーカスを当ててみることに。この男性の乳がん、乳がんサバイバーで乳がん啓発活動にも熱心なこの記事の筆者でもある美容ジャーナリストの山崎多賀子さんは、以前からもっと多くの人に認知してほしいと感じていたという。そんな思いも含めて、勝俣医師の解説と合わせて、お伝えしたいと思う。事前にこの情報を知っておけば、よりドラマへの理解も深まるはずだ。

写真提供/日本医科大学
勝俣範之医師
国立がん研究センターに20年勤務した後、日本医科大学武蔵小杉病院に腫瘍内科を開設。抗がん剤治療の第一人者であり、緩和療法に精通。誤解されがちながん情報をわかりやすく解説する。