Image by iStock

婚活サイトで知り合い「麻薬の運び屋」にされた、27歳OLの悲劇

「ラブコネクション」捜査の一部始終

ネットやSNSに潜む魔の手

私は、約40年間、麻薬取締部(通称「マトリ」)で、薬物犯罪の捜査を続け、違法薬物の撲滅を目指してきた。約300人の「マトリ」や関係捜査機関が全国で摘発や捜査を展開しているが、それでも薬物犯罪は後を絶たない。

日本国内で、大麻事犯の検挙者数は年間3,700人を超え、覚醒剤事犯のそれは1万人を超えている(2018年度統計)。潜在的にはさらに広がっているだろう。こうした違法薬物の拡散には、今や、ネットやSNSが頻繁に使われている。

 

今や、サイトやSNSなどを通じた結婚は、3人に1人と増えているというアメリカでの調査統計もある。

しかも、ITの上では相手を一方的に信じ込み、自分の情報を与えやすいという事情がある。そこにつけ入ってくるのである。

Image by iStock

薬物犯罪は、「時代を映す鏡」という特性があるのだ。

密輸組織や密売人たちは、特に、女性の恋心を利用することが多い。ネットやSNSを通じて日本人女性と知り合い、言葉巧みに「恋人気分」に浸らせ、薬物を隠匿した国際荷物(郵便・宅配便)を受け取らせて、女性を知らぬ間に「運び屋」を仕立てるのである。

マトリでは、この手法を「ラブコネクション」と呼び、捜査を展開している。ネットやSNSにはこの魔の手がはびこっているのだ。

次に、私が実際に捜査した「ラブコネクション」を挙げてみよう。