photo by Getty images

勝つためには手段を選ばない男・トランプとは何者か…ルーツを探る

2020年もまた世界は振り回される

単なる悪ガキではない

2017年1月20日、大統領就任式でトランプ氏が世間の注目を集める中、陰でひっそりと泣きぬれている人物がいた。それは「ドナルドダック」である。

ディズニーの発表では、彼の誕生日は1934年6月9日(初登場作品の公開日)であるから、半世紀以上にわたって「ドナルドといえばダック」であったのだが、一夜にして「ドナルドといえばトランプ」となり、「ドナルド界ナンバーワン」の地位を奪われてしまったのである。

それほど、トランプ大統領誕生のインパクトは大きいが、米国では不動産王、リアリティーショーのホスト、さらにはミス・ユニバースへの出資者として、それ以前から庶民を中心とした層での知名度は高かった。ただし、気取った自称インテリ層には嫌われていたというより、知られていなかったといえるが……。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

日本でも4度の破産から復活した話は有名で、たたき上げのイメージが強いが、実は大富豪の家に生まれたボンボンで、幼少期は「宮殿のような」家に住んでいた。

しかし、手の付けられない悪ガキであったために、13歳の時に、飛び出しナイフを持ち歩いているところを見つけた父親にミリタリー・スクールに放り込まれた。そのおかげで方向転換を図り、優等生で卒業する。

トランプ大統領就任時の、「ドナルド」以外のもう1つの話題は、マイケル・J・フォックスが主演した映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」の予言が当たったということである。

マイケル・J・フォックス演じる主人公へのいじめを繰り返す悪役ビフ・ タネンの悪ガキ・キャラクターがトランプ氏のイメージとぴったり重なったのだ。

しかし、トランプ氏を単なる悪ガキ・悪役キャラクターであるとみなすと、現在彼を軸に動いている世界情勢を見誤ることになる。

単なる悪役ではなく、修羅場を何回もくぐり抜けることによって人間心理を深く理解した「メンタリスト」(相手の心を操れる人、サイモン・ベイカー主演の米国人気ドラマ「メンタリスト」を見るとよくわかる)だと考えると、世界情勢が一気に理解できる。

豊臣秀吉とは違った意味での、逆説的「人たらし」とも言える。秀吉は味方の心をがっちりとつかんで成功したが、トランプ大統領は、逆に敵の心理を操り、結果的に自分の思う方向に動かしているのである。

1月10日の記事「米国の核心的利益はイランではなくイラクである『これだけの理由』」で述べたように、時には第3次世界大戦や核戦争の危機をあおりながらも、判断は冷静で「最大限の利益を得ようとする計算高い男」ととらえるべきだ。

過激な発言・行動は、交渉の手段の1つにしか過ぎないから、その言動に慌てふためかずに、彼の「真の目的」を理解すれば、世界情勢がすっきりとわかる。