日本株の乱高下相場、いまこそ「仕込むべき&逃げたい」銘柄の全実名

今週の「AI株価予報」で読む
マネー現代編集部 プロフィール

株価右肩上がりの上昇相場

前出・藤本氏は言う。

「セリアについてはTOPIX採用の可能性が高まったことから、インデックス買いへの期待感によって株価が上昇しているかたちです。しばらく、この流れは続きそうです」


拡大画像表示セリアの「AI株価予報」の結果

そんなセリアと同様、今週の『Phantom株価予報AIエンジン』が上昇相場を予想するのが日本電気(6701)である。

日本電気は通信インフラ構築に強みを持つ官公庁や企業向けのITサービス大手企業として知られるが、ここのところ株価右肩上がりの上昇相場が続いていることをご存じだろうか。

〔photo〕gettyimages
 

前出・藤本氏が言う。

「日本電気への注目度が高まっているのは、株式市場で大きな相場テーマである『5G』の中心企業であるのが大きい。しかも、5Gの分野ではいま通信事業者とは別に、企業や自治体が自らの建物や敷地内限定で5Gを活用できる新たな仕組みである『ローカル5G』が注目されているが、その関連企業として日本電気の注目度が高まっているんです」

ただ、日本電気の株価上昇の背景にあるのはそれだけではない。