# 韓国

韓国経済、少しの「株価の落ち着き」では拭えない…深刻な先行き懸念

基礎研究への不安
真壁 昭夫 プロフィール

韓国企業の基礎研究力などへの不安

同時に、韓国は最大の輸出先である中国経済の減速に直面している。

加えて、韓国の企業は、自力で革新的な商品を生み出す力を十分に蓄えられていない。

それは、韓国自動車業界の現状を確認するとよくわかるだろう。

2019年、韓国の自動車生産台数は、関連する産業の維持に必要といわれる400万台のラインを下回った。

 

韓国の自動車業界は、複数の課題に直面し、それを解決することがかなり難しくなっている。

その一つに、労働争議の激化がある。

わが国と異なり、韓国自動車業界では景気動向にかかわらず、労組が賃上げを求め、経営が制約されてきた。

そのため、各自動車メーカーは積極的に新技術を研究、開発し、あたらしい車種を生み出すことが難しい。