〔PHOTO〕Gettyimages
# 韓国

韓国経済、少しの「株価の落ち着き」では拭えない…深刻な先行き懸念

基礎研究への不安

足許、世界的な“シリコンサイクル”が、底を打ちつつあるとの見方が出ている。

それに伴い、韓国経済の大黒柱であるサムスン電子の業績悪化のペースは、少しずつ落ち着きがみられ始めている。

その意味では、短期間に韓国経済が大きく混乱するリスクは幾分か低下したとみてよいだろう。

ただ、5Gなどに対する期待が盛り上がっているだけで、実際にはまだ底打ちを確認できてはいない。

また、この回復期待は韓国独自の要素よりも、外部の要因に支えられた側面が大きい。

ラスベガスの見本市でソニーがEVのコンセプトカーを披露し、世界をあっと驚かせたように、韓国企業が革新的なモノを創造しているとは考えにくい。

今後、韓国経済が左派政権の下で経済構造の変革を実現することは難しいだろう。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

韓国の景気安定に重要な半導体産業

目先、韓国経済の減速圧力は、半導体産業を中心に、徐々に和らぐ可能性がある。

重要と考えられるのが、5G関連の需要が高まり、世界の半導体市況に底入れの兆候が見られることだ。

「韓国の半導体業界は最悪期を脱し、徐々に業績は拡大基調に向かう可能性がある」と先行きに強気な市場参加者もいる。