「あり得ない」が「面白い」に変換される脳に

「彼が初めての相手だったということもあると思いますが、彼の『あり得ない』が毎回想像を超えくるので、脳内で『面白い』に変換されちゃうんですよね。でも、今思えば、ある種の自己防衛本能みたいなものもあったのかもしれません。こんなにひどいことされてるけど、愛されてないわけじゃない。こんな彼を受け入れられるのは自分だけだって思い込みたかったんでしょうね」

〔PHOTO〕iStock

しかし、さすがのさちえさんも匙を投げる出来事が付き合って4年目に起きる。彼が別の女性に心変わりしたのだ。

「大学の同級生の女の子のことが気になってるって、ある時突然言われました。別れを切り出そうとしてるのかと思ったら、友達にするみたいなテンションで私に恋愛相談しはじめたんです。今の時点で告ったら拒否されるかな。彼女は俺のことどう思ってるかなって、本気で聞いてくるんです。もうこの人、ほんとに頭おかしいなと思いました(笑)」

結局彼はその女性に振られてしまう。そして、さちえさんにもう一度やり直せないかと泣きながら言ってきたそうだが、すっぱり断ったという。

「またこいうことがこの先も何度もあると思ったら、さすがにもう無理だなと思いました。予想を裏切られ続けることに疲れちゃったんです