総理大臣の通訳直伝! 外国語学習は「アウトプット」を徹底すべし

日本語で考え、外国語に「置き換え」る
中川 浩一 プロフィール

「ネイティブ脳」の意外な落とし穴

また、大事な点として、「ネイティブ脳」がないのにネイティブのように日本語を介さずに勉強すると、いちばん怖いのが、「わかったつもり」になってしまうことです。

そうすると肝心の本番のビジネスシーンで空回りしてしまい、頭で考えていることが正しい外国語で出てこないという事態になりかねません。

 

私の場合は、そもそもアラビア語・日本語の辞書がない中での学習だったので、仕方なくアラビア語をアラビア語で、あるいは英語を介して理解する段階を経ざるを得ませんでしたが、本書で述べたように学習の最終段階になると、いかに自分がアラビア語を日本語に訳せないか、正しく理解していないかを痛感させられました。

「わかったつもり」になっているだけで、実際には何の身にもなっていなかったので す。

外国語教材を選ぶポイントとは?

さて、実際の学習に際して、あなたにまずトライしていただきたいのは、自分が話すトピック、内容を考え、それに見合う題材を探すことです。

その題材は、「日本語脳」をフル回転させるため、必ず日本語と外国語双方が揃った文章を使ってください。

あなたが私のアラビア語のように、本当に初心者からのスタートでなければ、特に英語であれば、あなたに見合った題材が探せるはずです。

今の時代、ネットでも書店でも、英語はもちろん、主要言語であれば上級編に至るまで、日本語の訳がついた題材が見つかるはずです。

参考までに、英語であれば、次の教材はインターネットで無料でアクセスできるので積極的に活用していきましょう。

①NHK「世界へ発信!SNS英語術」

こちらにアクセスすると、「特集」 のコーナーに、外国人とのコミュニケーションに役立つ様々なジャンルの文章が入っていて、日本語訳も付いています。あなたの関心に合わせて題材を選びましょう。

ビジネスパーソンであれば、ラジオ番組「世界へ発信!ニュースで英語術」のサイトがおすすめです。

②「TED日本語」

TED(Technology Entertainment Design)は、アメリカのカリフォルニア州などで幅広いジャンルの講演会を主催しているグループです。

こちらにアクセスすると、「ニュースと政治」のコーナーに、「ビジネス」「グローバル問題」などの項目があり、日本語訳も付いていますのであなたの仕事に関連のある分野を選んでみてください。

そのほかにも、有料となりますが、ジャパンタイムズが出版している「The Japan Times NEWS DIGEST」、『CNN English Express』編集部編の「CNNニュース・リスニング」「高校生からのニュース・ リスニング」「初級者からのニュース・リスニング」には様々なトピックがあり、日本語訳もあるのでおすすめです。

これらも参考にして、あなたが外国人と話したいトピック、仕事に必要なトピックを選んでください。

関連記事