韓国人コメンテーター・金慶珠が激白「私って嫌われ者でしょうか?」

日韓関係の状況が悪いと、叩かれる

日韓問題に揺れる中で

韓国人コメンテーターとしてテレビのワイドショーや討論番組に出演している金慶珠さん。彼女は一方で東海大学教養学部国際学科教授の学者でもある。テレビでは、韓国の事情について詳しく解説する金さんだが、どうもヒール(悪役)的な存在に思われることが多いように思える。

いったい素顔はどんな人物なのか。直撃インタビューを試みた。

 

「自分がヒール役だとはまったく気づいてなかったですね(笑)。普段の私は可愛げがあり、突っ込みがいのある女性と言われますよ。むしろ周りもそういう印象なのかと思っていましたが、バトル系の番組でヒールな感じで扱われるのはなんともショックなんです。私はお茶目で『乙女』なんですよ」

開口一番、金さんの口をついて出てきたのはそんな言葉だった。

「おそらく『TVタックル』に出演するようになったあたりでしょうね。私にそんなイメージがついたのは」

政治を題材にした討論バラエティ番組『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)は、ビートたけしが司会を務める長寿番組である。金さんは、2007年頃からたびたび出演するようになっていた。

「その当時って、韓流ブームが終わり、竹島問題が注目され、『嫌韓論』が一気に吹き出した頃でした。韓国は面白くて好き、でもやっぱり嫌い、という人たちがいるような葛藤の時代だった気がしています。そこに私がちょうどメディアに出はじめてきたんですね。私としては、大学で学者としての仕事をスタートし始めた頃で、とにかく韓国についての情報発信したいという思いが強かったんです」