Photo by Gettyimages

危ない「就活毒親」3つの典型…こんな親がわが子の内定を阻んでいる

子どもに本当に必要な「援助」とは?

2019年11月28日の読売新聞に、「大学入学式、76%が保護者同伴…出席は当たり前の傾向」という記事が掲載されました。「ついにそこまで……」と驚いた方も多いのではないでしょうか。

しかし、2018年のアイデムの調査によると、就活において保護者からの直接の問い合わせを受けている企業の人材担当者の比率は、なんと56%に上ります。親御さんの関心は、今や大学の入学を超えて、子どもの就職活動にまで及んでいるのです。

子どもを一流ホワイト企業に内定させる方法』の著者で、就活スクールのホワイトアカデミーを運営する竹内健登氏の元には、数年前から、就活生を持つ親からの問い合わせが急増しているといいます。

「親御さんの就活への参画は、たしかにお子さんの力になりえます。しかし、関わり方を間違えてしまうと、親御さんが関わるほどに、お子さんの就活が迷走し、結果として失敗してしまうことにもなりかねません

それはいったい、どういうことなのでしょうか?

 

「売り手市場」の恩恵は、ひと握りの学生が独占

報道などでも言われている通り、現在の就職活動はかつてない過酷な競争に勝ち抜くことが求められています。事実、メーカーなどを中心に、有名・人気企業は応募倍率が1000倍を超えることも珍しくありません。また、多くの学生がスマホで就活をするようになったことで、就活のプロセスはますます複雑化し、内定までの道のりは険しくなっているといえます。

実際、多くの学生は就活で挫折を経験しており、「7人に1人が就活うつになる」(NPO法人POSSE調べ)という結果も出ています。このように、現代の就活は「たった数席の内定枠を、大勢の学生が奪い合っている」状態なのです。

Photo by Gettyimages

一方で、ホワイトアカデミーに通う学生の中には、

「竹内先生、大手企業10社から内定をもらったんですが、どこを選んだらいいでしょうか。ほかに市役所からも内定をもらってますが、ちょっと自宅から遠いんで、そこは辞退しようかと」

というような、難関企業の内定をいくつも得て、引く手数多状態になる学生も少なくありません。

内定を取れず苦しむ学生と、いくつもの内定を得て選ぶ立場に立てる学生――その違いはどこにあると思いますか?

学歴? 留学経験? 論理的思考力? ボランティア経験? いえ、これらはすべて関係ないとはいいませんが、持っていても内定の決め手にはならない項目です。

実は、これらの項目以上に、親御さんがどう就活に関わるかが、その成否には影響しているのです。