1月18日 天正地震が起こる(1586年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

安土桃山時代の天正13年11月29日(1586年1月18日)、畿内・東海道・東山道・北陸道(現在の関西、中京、北陸地方)など、中部地方を中心とした巨大地震が発生、後にこの地震を天正地震と呼ぶようになりました。

地震の概要

戦国時代であったため、正式な記録が残されていませんが、マグニチュードは7.8~8.2と推定され、震源は東経136.9度、北緯36度付近(岐阜県の白川郷付近)と考えられています。古い書誌に書き残されている被害状況から、岐阜県内で最大で震度6強程度、奈良、京都、大坂(大阪)、加賀(石川)、越中(富山)などで震度5、兵庫、浜松(静岡)で震度4に達したと考えられています。

この後、1年にわたって余震が続きました。また、この天正地震に先立つ1月16日には越中天正地震と呼ばれるやや規模の小さい地震が起きており、この地震との関連も考えられます。

【図】天正地震での推定震度
  天正地震の震度と震源推定地(参考:文部科学省・地震調査研究推進本部『日本の地震活動』)

伝えられている被害

この地震により、岐阜県大野郡白川村にあった帰雲城(かえりぐもじょう・帰雲山城とも)とその城下町が地震による帰雲山の山崩れで埋没し、城主の内ケ島氏理(うちがしま・うじさと、?-1586)以下一族家臣、城下の町屋300余件、500人余りが圧死したとされてます。足利氏の家臣を出自とする内ケ島氏は、この地震による被害で断絶してしまいました。

越中(富山県高岡)では木舟城が倒壊して、城主で加賀藩主前田利家の弟である前田秀継(まえだ・ひでつぐ、?-1586)も命を落としています。

岐阜県の大垣城下では家屋倒壊や火災が発生、尾張や伊勢の海岸近くでは液状化現象と思われる事象が起こり、京都の三十三間堂では仏像600体が倒れ、遠く四国の阿波でも地割れが生じたと伝えられています。津波は、伊勢湾、若狭湾など、太平洋側、日本海側双方に記録があります。

  三十三間堂の千体千手観音立像。三十三間堂では600体あまりの像が倒れたという photo by gettyimages

地震を起こしたと考えられている断層

糸魚川-静岡構造線の西側には活発な断層帯が多く分布しています。この地震では、庄川断層帯(御母衣断層帯)、阿寺断層帯が活動した可能性が指摘されています。また、勢湾奥付近の活断層(養老-桑名-四日市断層帯など)もこのときに一緒に活動したとする考えもあります。

【図】関連したと思われる断層
  天正地震を起こしたと思われる断層帯(濃いピンク線)。跡津川断層帯(濃淡のピンク線)の関連を指摘する声もある(参考:文部科学省・地震調査研究推進本部『日本の地震活動』)

また、急峻な山岳地形で、地下深くにはフィリピン海プレート、太平洋プレートなどのプレート間の複雑な運動に影響されると考えられる強い圧縮力も働いています。こうした地形や地殻変動、多くの活動断層が関係していると考えられていますが、この地震との関係を確定させるためにはさらなる研究が必要とされています。

帰雲城と城下町は今も正確な位置が特定できておらず、幻の城とされています。山崩れを起こした帰雲山は、白川村の庄川にある鳩谷ダムの東南方にありますが、同村の保木脇集落から山を見上げると、当時の崩壊の跡と思われる地形がはっきりと確認きます。

【写真】帰雲山周辺の空中写真
  国土地理院撮影の空中写真(2000年撮影のものに地名の引出しを記入)にみる帰雲山周辺。写真中央下方に写る崩落跡が天正地震によるものと考えられている photo by Geospatial Information Authority of Japan