〔PHOTO〕iStock

大学入試国語、問題文の著者本人が自ら解いて気づいた「読解力」の本質

コツも教えちゃいます

著者に国語の問題は解けるのか

入学試験の国語の問題は、著者には解けるのか。ということは、ときどき話題にされることがある。

つまり夏目漱石の『明暗』が国語の問題文に出されたとき、夏目漱石本人はその問題を解けるだろうか、「著者の考えを選べ」という問題に漱石は正答できるだろうか、という問いかけである。そういう雑誌の企画をずいぶん昔に読んだことがある(現役の作家が挑戦していた)。

主旨はわかるのだが、何だかいくつかの誤解が積み重なっている風景に見える。

〔PHOTO〕iStock
 

私の文章も何度か入学試験で使われたことがある。

入学試験で文章が使われる場合、事前の通知はない。当然である。

バカ田大学の社会学部から、あなたの文章を入試に使っていいかという許諾を求める連絡が、事前に来ることはない。事前に知ったら、私がまわりに言ってまわるかもしれず、知り合いにだけこっそり教えるかもしれない。国語の問題文が事前にわかったところで、さほど本番には影響しないだろうが、それでも公平性に欠ける。

使用されたことは事後通知でわかる。

だいたいは入試が終わったあと、「問題と正答例を公表したいのだが、いいだろうか」という問い合わせがくる。大学(や高校や中学)から直接くることもあるが、その問題の解答例を出版している会社から連絡が来て初めて出題を知ることもある。

返信封筒が入っていて、必要事項を書き込み、返信する。些少ながら謝礼が出ることが多い。ほんとに些少で、手取り890円くらいだったりするが(1000円の謝礼が源泉徴収されている)、でもまあ少しお金が出るんである(解答例冊子に掲載する謝礼である。試験問題使用の謝礼ではない)。