2004年に放送を開始した『ふたりはプリキュア』(テレビ朝日系)から始まった「プリキュアシリーズ」は今や「仮面ライダーシリーズ」や「戦隊シリーズ」と並ぶ日曜朝の子供向けテレビ番組の定番となっている。

私のプリキュアデビューは、当時1歳の上の子と一緒に観た『Yes!プリキュア5』(同上)だったのだが、男兄弟で育ち、「仮面ライダー」などいわゆる「男の子向け」番組ばかりを観て育った私にとって初めて観る「プリキュア」は衝撃的だった。

〔PHOTO〕番組公式サイトより

何が衝撃的だったのか具体的には後述するが、端的にいうと、「女の子向け」という枠を超えた、性別や年齢といった括りに限定されない新しい価値観がごく自然に描かれていることに驚いたのだ。

さらに、興味深い情報も目にした。先日、5歳の下の子を寝かしつける際にプリキュアのオープニング曲集をYouTubeで流していたのだが、その動画のコメント欄に、「プリキュアは小学生で一旦離れて中学生以降になってまた好きになる」という女性の投稿があり、多くの賛同の声が寄せられていた。

なぜ一旦プリキュアを卒業した女性が成長と共にまた戻るのか、なぜ性別によらず私のように大人も魅了されるのか、その背景に考えを巡らせてみたら、日本の社会に横たわる問題が浮かび上がってきた。