今、知っておくべき腫瘍内科医という存在

今季スタートのドラマは、医療をテーマにした作品が多い。その中でも、注目したいのが、1月9日、今夜10時からフジテレビでスタートする『アライブ がん専門医のカルテ』だ。

今まで、医療モノドラマといえば、ゴッドハンドと呼ばれる外科医が花形だった。難しい手術を見事にこなし、患者を救うという展開だ。しかし、実際の医療現場で、活躍するのは外科医ばかりではない。特にがん治療では、「腫瘍内科医」と呼ばれる医師の存在が非常に大きいのだ。しかし、残念ながら彼らの存在は、一般的に広く知られていない。そんな今まで日の目を浴びてこなかった腫瘍内科医をヒロインに展開するのが、このドラマだ。

しかも、正しいがん情報の見極め方など、がん治療の最前線で、医療者からも患者からも信頼される日本医科大学付属武蔵小杉病院腫瘍内科の勝俣範之医師が企画協力医を担当し、現役の腫瘍内科医をはじめ多くの医師、看護師が監修を務めるという。

2人に1人ががんに罹患すると言われる時代。これはドラマを通して、知っておくべきがんの基本的な情報を得ることができるのではないか!?  ということで、乳がんサバイバーで本誌でもがんに関する記事を多数執筆している美容ジャーナリストの山崎多賀子さんが、勝俣範之医師に、腫瘍内科医とはなにか、からはじまり、ドラマの中で疑問に思ったがんのあれこれを毎週ぶつけてみることにした。

これを読めば、ドラマへの理解が広がり、さらに、がんの正しい知識もきっと深まるはずだ!

写真提供/日本医科大学
勝俣範之医師
国立がん研究センターに20年勤務した後、日本医科大学武蔵小杉病院に腫瘍内科を開設。抗がん剤治療の第一人者であり、緩和療法に精通。誤解されがちながん情報をわかりやすく解説する。