Photo by iStock

死ぬより苦しい「肺炎」のすべて…冬場のいまが一番危ない

「インフルエンザから肺炎」のケースも

誤嚥性肺炎と間質性肺炎の違いとは?

「誤嚥性肺炎」と「間質性肺炎」。いずれも近年よく聞かれるようになった病名で、語感の近さから同じような病気のようにとらえられがちだが、まったく似て非なるものだ。田中方士医師が解説する。

「ごく簡潔に言うなら、誤嚥性肺炎は口からの液体や食べ物が、気道に入ることで起こる肺炎。一方の間質性肺炎は、加齢や体質など、さまざまな原因によって起こる肺炎です」

詳しくその違いを見ていこう。

Photo by iStock

「誤嚥性肺炎」は、本来なら口から食道へ入るべき食べ物や唾液などが、誤って気道に入ってしまい、その唾液や食べ物に含まれている細菌が肺を傷つけることで、肺炎を起こす。

「高齢になり飲み込む力が弱くなっていくと、食べ物や唾液が気道に入ってしまう可能性が高くなります。すると、口の中に700種類以上いると言われる菌が気管から肺の中に入って増殖し、肺炎を起こすのです。

特に、寝たきりになって飲み込む力が弱くなった人がなりやすく、そうした患者さんが誤嚥性肺炎になった場合、あまり時間が経たないうちに亡くなってしまうことが多い」(田中医師)

 

高齢化にともない、日本では誤嚥性肺炎になる人が急増している。西山耕一郎医師は、「最近は誤嚥性肺炎の患者さんが増えすぎて、呼吸器内科だけでは対応できないほど」という。

「飲み込む力は50代あたりから徐々に低下し、70歳を超えると、一気に衰えます。誤嚥性肺炎で亡くなる人は年々増えていますが、飲み込む力をどれだけキープできるかが、寿命を決定づけるカギとなっているといってもいい。

食事中によくムセるようになった、自分の唾液で咳き込むことが増えた、痰が絡むことが多くなった、といったことに思い当たる場合、飲み込む力が衰えてきた証拠。

誤嚥性肺炎になる恐れが非常に高いと自覚して、のどの筋力や呼吸機能を鍛えるトレーニングなどを始めるべきです」(西山氏)