Photo by iStock

心配ご無用、老後に「2000万円」なくても食うに困ることはない

安易なミスリードに注意せよ
できるだけラクにお金を貯め、最短でお金を増やすには……? お金のライフハック=「マネーハック」を提唱するのは、ファイナンシャルプランナーで著書『大人になったら知っておきたいマネーハック大全』を刊行したばかりの山崎俊輔氏だ。昨年、世間をざわつかせた「老後2000万円」問題。しかし、過剰に不安がる必要はないと山崎氏は説く。一体どういうことか、問題の真相に迫った。

足りないのは「娯楽費」

ある新聞が「老後に2000万円問題」を説明する図を作っていたのですが、その書きぶりにびっくりしました。

老後の生活費の収支をグラフで対比しているのですが、収入の部の一番上に不足額5万4519円を赤字で記載し、支出の部の一番上には食費6万4444円を対比させていたのです。

これをみると「国のねらいは、自分の食費くらい貯めておけということか」「食費も捻出できないくらい老後の年金生活は苦しいのだろうか」とイメージします。

もしかすると、みなさんの「老後に2000万円」のイメージはそれに近いかもしれません。しかしこのイメージは間違いです。「食費」「日用品費」「被服費」「医療費」などは公的年金収入でカバーできている現状があるからです。

 

つまり、「毎月の不足額 5万4519円」に相当する支出は何かといえば、

・教養・娯楽費 2万5077円

・交際費 2万7388円

合計 5万2465円

なのです。