Photo by gettyimages

強制性交で実刑5年、新井浩文の判決文でわかった「往生際の悪さ」

新井は即日控訴したが…

「現金7万円」の意味

懲役5年、執行猶予なし—。2019年12月2日、派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪で逮捕・起訴された俳優・新井浩文被告(40歳)に対して東京地裁が下した判決は、厳しいものだった。

「強制性交罪は懲役5年以上と定められており、厳しい処罰を求める検察側の意志がそのまま受け入れられた格好です。減軽する事由も一切存在しないというシビアな判断になった」(弁護士法人・響の西川研一代表弁護士)

刑が確定すれば、新井が俳優として芸能界に復帰する道は完全に絶たれると言っていい。

 

今回、本誌は裁判の判決文を入手した。そこには、事件当夜、新井が女性に強いた行為が浮き彫りにされていた。

7月1日、午前2時。指名を受けた30代のセラピスト・Aさんは、都内にある新井の自宅を訪れた。

Image by iStock

施術の際の新井は上半身裸にトランクス型の紙パンツという出で立ち。いっぽう、Aさんは白いTシャツに黒のズボンで、特に刺激的な格好というわけでもなかった。

マッサージ開始から約1時間が過ぎた頃、新井は唐突に照明を消すと、Aさんの右手をつかみ、紙パンツの上から自らのペニスに押し付けた。

何度も「やめてください」と拒絶するAさんを横目に、行為はどんどんエスカレートする。

Aさんの証言。

〈抵抗したのに、ズボンとパンツを脱がされ、Tシャツをめくり上げ、ブラジャーをずり下げられて、直接胸をなめられ、陰部を手指で触られ、キスをされそうになり、被告人の上に乗らされた上で自分の陰部に陰茎を直接押し当てられ擦り付けられて、被告人の身体から離れようと立ち上がろうとしたが、足又は腰をつかまれ、頭を両手でつかまれ陰茎の方に引っ張られ、口の近くに陰茎を押し当てられるなどした。更に、ベッドに押し倒され、抵抗したのにその膝の間に身体を入れられて膣内性交された〉(カッコ内は判決文より引用、以下同じ)