〔photo〕gettyimages

2020年の日本株、儲かるプロたちが「頑固銘柄」を仕込むワケ

すごいパフォーマンス

冴えない日本株市場だが…

2019年の日本株市場を振り返ってみると、ほぼ米中貿易摩擦(といよりもトランプ大統領の一挙手一投足)に振り回され続けた一年間であったように思う。

〔photo〕gettyimages

日本株の動きの主体性の無さは世界中に広く知られるところで、この米国株や世界の株式市場への感応度の高さによって、海外投資家にとって日本株に投資することは分散投資にならず(それどころか日本株は世界的にパフォーマンスが劣後しているので損をする)、敬遠されることが多い。

足元は近年の大幅な劣後から多少戻してはいるが、この程度は焼け石に水にもならない。

 

とにかく、日本株市場というのは特に海外の長期勢にとっては極めて魅力度に欠ける投資対象であり、あえて日本株に投資するのであれば世界の株式市場の動きの根源であり、かつパフォーマンスも絶好調な米国株に資金が向かうのは当然のことである。

そして、それは海外投資家だけではなく、日本株の投資家にとってもまったく同じだ。

日本株市場の中で、特にTOPIXとの連動性や相関が高いような主体性に乏しい銘柄は、個別株として選定して投資する必要などなく、投資信託や指数先物を買った方が投資リスクも低く、手数料もおトクだ。

加えて、言うまでもないが、そもそもパフォーマンスの悪い日本株の投信などを買うなら、米国S&P500指数のETFでも買えばよい、という身も蓋もない結論になってしまう。