漫画家で小説家の折原みとさんはドラマをこよなく愛し、雑誌のドラマ企画座談会にも呼ばれている。『いだてん』は最初はつまらないと思っていたが、途中からみて「こんなに面白いとは!」と反省をしたというくらい、フェアにドラマを観ている。そんな折原さんが2019年に最もはまっていたドラマのひとつが『きのう何食べた?』。テレビ東京の深夜枠に放映されたドラマだ。お正月にはスペシャルドラマ放映もされる本作、いったい折原さんはまぜそこまでハマったのか。

2019年ハマった「3本」

2019年に放送された民放ドラマの中で、個人的にハマったドラマを3つだけ挙げるとしたら、
『3年A組~今から皆さんは人質です』
『ノーサイドゲーム』
『きのう何食べた?』

の3作だ。

菅田将暉の鬼気迫る演技と熱いメッセージにくぎ付けになった『3年A組』
ラグビーへの興味なんか1ミリもなかった私でさえ、ラグビーの魅力に目覚め、間違いなくラグビーワールドカップへの熱狂の一因となった『ノーサイドゲーム』
そして、真夜中の飯テロ&ほっこり癒しドラマだった『きのう何食べた?』

その中でも、全話録画して永久保存版にしてあるのが「何食べ」だ。

原作は、ご存知よしながふみさんの人気漫画(講談社「モーニング」連載中)。
ゲイカップルのほのぼのした日常を、「食」を柱として描いた作品だ。

『きのう何食べた?』の主人公、弁護士のシロさん(右)と美容師のケンジ (C)よしながふみ/モーニング

2007年から続く長期連載で、今まで映像化されていなかったのが不思議なくらいだが、満を持してのドラマ化! そのキャストが発表になった時には、腰を抜かしそうになった。

なにせ、主役のふたりがとんでもなく豪華だ。
イケメンでクールな弁護士・シロさん役に西島秀俊さん同居人でパートナーの美容師・ケンジ役に内野聖陽さん

テレビ東京深夜枠で、このキャストって、マジか!?

大河ドラマばりのキャスティング

テレ東さん、すみません。
でも、西島さんも内野さんも、キー局のゴールデンタイムで主役を張る役者さんじゃないですか! 
このふたりのW主演なんて、贅沢すぎる!!
しかも、途中から脇キャラとして、山本耕史さんまで出て来てぶっとんだ。

なんだこの面子は? 大河ドラマか!?

『八重の桜』の山本覚馬と、『風林火山』の山本勘助と『新選組!!』の土方歳三(『真田丸』の徳川家康と石田三成ともいう)がいっぺんに出てくるとは。まさに、真夜中の大河ドラマ状態……!!

普段はシリアスな役柄の多いお三方が、エプロン姿でいそいそとお料理したり、オネエ言葉でキャッキャしたり、若い恋人(男)にデレデレしたりと、意外な姿を惜しげもなく見せてくれる。
もちろん大真面目に。そして、実に生き生きと、楽しそうに!

クールなシロさん役の西島秀俊さんはそれほど違和感がないのだが、従来の役柄とのギャップが激しいのは、ケンジ役の内野聖陽さんだ。『臨場』の倉石が、あんなに可愛く内股で小走りするなんて……。役者さんの振り幅の大きさに、心底感心してしまう。

実は、私は当時原作を未読で、ドラマから入ったクチなのだが、あとから漫画を読んで、あまりに原作とドラマのキャラがマッチしているのに驚いた。『何食べ』がドラマとしても成功した一番の要因は、この奇跡的な「神キャスティング」にあるのではないだろうか。