Photo by Getty Images

信用度は世界最下位! 日本人の6割がワクチンを危険視する理由

「健康食品ブーム」はむしろ危険だ
「免疫力を高める」とか「がんを免疫で治す」といった情報が日々流れているが、免疫学的に見ると、その大部分は科学的エビデンスが欠けている。残念なことに、こうした怪しげな情報に、多くの人たちが惑わされて、かえって健康を損ない、ときには寿命を縮めているケースさえある。

そのような「誤情報」を正し、ワクチンの有用性を伝えるため、免疫学の権威である宮坂昌之さんは『免疫力を強くする 最新科学が語るワクチンと免疫のしくみ』の執筆を決意した。宮坂さんにくわしい経緯をうかがおう。

健康食品で「免疫力」は上がるのか?

われわれの平均寿命が著しく延びつつある中、世の中では、健康な状態を維持したい、今よりさらに健康になりたい、と健康ブームが続いている。

 

どのテレビ局でも健康に関する番組が高い視聴率をあげ、健康食品やサプリメントのCMがたくさん流れている。

Photo by Getty Images

そして、多くの人々が免疫力を高める食生活や生活習慣に興味を持っている。しかし、そもそも免疫力は本当に測れるのだろうか? また、免疫力はそれほど簡単に上げ下げできるのだろうか?

こうして「ワクチン」は嫌われる

現代の医学において、もっとも確実に免疫力を上げる方法はワクチン接種である。特定の病原体に対する抵抗力しか上げることができないが、多くの場合、接種したワクチンに対応する病原体の感染を確実に防ぐことができる。

Photo by Getty Images

ところが、困ったことに、現在、世の中には「嫌ワクチン感情」がかなりある。街角の書店には、『ワクチン副作用の恐怖』『もうワクチンはやめなさい』『効果がないどころか超有害! ワクチンの罠』などなど、ワクチンが危険であるという刷り込みがいつの間にかなされていくようなお題の本ばかりが並んでいる。