トイレ

POINT1:トイレは「トイレクイックル1枚」でOK

「『トイレクイックル』は丈夫でサイズも大きいので、折り返しながら使うと、トイレの便器だけでなく、壁も床もトイレットペーパーホルダーやトイレのリモコンなどもまるごと1枚で拭ききれてしまうんです。もちろん、きれいなところから汚いところの順で拭いてくださいね(笑)」

洗面台と同様、トイレも毎日の掃除が大切な場所。トイレの便座の表面や裏などはすぐ汚れてしまうので、1日の終わりなどにトイレクイックルを半分の切ったもので拭くといいそう。

POINT2:トイレの臭いの原因を取り除く

便器の中は基本、ブラシ不要のトイレ用洗剤を吹きかけるだけでOK。便器の縁裏の黄ばみ(尿石)が気になる場合は、トイレ用酸性洗剤を塗布してしばらく置いてから古歯ブラシなどでこすり洗いするといいそう(「まぜるな危険」表記のあるものは他の洗剤との同時使用に注意)。

「トイレ掃除をしたはずなのに、臭いが気になる、というときはたいてい便器と床の境目や壁に汚れが残っていることが多いので、クエン酸スプレーを吹きつけたあと、古歯ブラシなどで落としましょう。壁は最後にしっかり水拭きしてください」

-AD-

理想は、「大掃除をしない」

誰よりも掃除のことを知り、掃除をしているであろうみけままさんだが、実は掃除が嫌いだというから驚きだ。

「掃除って面倒じゃないですか。だから、できるだけしなくて済むようにするにはどうすればいいかを常に考えてるんです(笑)。そのためには、やっぱり『こまめな掃除』が一番なんです」

キーワードは、「一度に全部やろうとしない」なのだそう。

「例えばお風呂場は、今日は蛇口と鏡を拭こう、来週は床と壁を洗おう、とかでいい。トイレも、今日は便座だけを拭こう、でいいんです。ぜんぶまとめてやると思うから億劫になる。気づいたときにちょっとやる、でいいんです」