お風呂場

POINT1:浴室内が乾いている状態で着手する

カビ汚れは乾いている状態のほうが洗剤の効果が出ます。濡れている状態だと水分で薄まり、洗剤の本来の効果の半分も発揮されません。

また、濡れていると水垢が見えないんです。特に暗い色の浴室では濡れていると水垢がまったく見えない。水垢がある場所を把握するためにも、乾いた状態が望ましいんです」(みけままさん、以下同)

POINT2:しつこい黒カビと水垢は「下準備」が大事

パッキンやタイルの目地などにある頑固な黒カビには、カビ取り用の泡スプレーを吹き付けて30分おく。また、風呂桶や椅子、蛇口まわりなどのしつこい水垢には浴室用洗剤を吹きかけ、こちらも30分ほどおく。

蛇口まわりの頑固な水垢はクレンザー+ソフトたわし or 歯ブラシで
-AD-

その間、お風呂場の床、壁、浴槽などに浴室用洗剤を吹きかけ、スポンジでこすり洗い。固くなった頑固な水垢は、浴室用洗剤でふやかしたあとにクレンザー+ソフトたわし or 古歯ブラシでこするといいそう。最後に、全体をシャワーでしっかり洗い流す。

POINT3:鏡の掃除は最後に

シャワーで洗剤を洗い流したあと、鏡の水垢が気になるな〜と思ったら、「クエン酸パック」でスペシャルなケアを。

「鏡の水垢にはクエン酸スプレーが効果的なのですが、ここで注意してほしいのが、カビ取り用洗剤を使っているときにクエン酸スプレーを使用してはいけない、ということ。

カビ取り用洗剤は次亜塩素酸ナトリウムを主成分とするものが多いのですが、これとクエン酸や酸性タイプの洗剤を同じ場所で同時に、あるいは、どちらかを洗い流さない状態で使うと、塩素ガスが発生してしまう危険があります」

クエン酸スプレーを使った鏡掃除の手順は、まず鏡にスプレーを吹きかけ、その上をラップで覆う。1時間ほどおいたあと、覆っていたラップを丸めてたわし代わりにして、クリームクレンザーをつけて鏡の表面をこすり、シャワーで洗い流す。

POINT4:仕上げに水気をとる

最後に浴室全体の水気をタオルで拭いてとるのがカビ対策として効果的。でも、そんなのやってられない! という人は、「鏡と蛇口まわりだけでも拭いてください。マイクロファイバーで拭き上げるとピカピカになって気持ちいいですよ」とみけままさん。