家事代行マッチングサービス「タスカジ」のなかでも、その掃除技術の高さが人気で“予約のとれない家政婦”といわれる、みけままさん。大手ハウスクリーニング会社に15年の勤務経験のある、まさに「掃除のプロ」だ。

みけままさん

あらゆる汚れの取り方、掃除術を熟知しているみけままさんに、大掃除の中でも大敵である「水まわり」を掃除するコツを教えてもらった。

基本のアイテムを用意する

「掃除で最も重要なのは、それぞれの汚れに適した洗剤と、素材に適した道具を使うこと。ゴシゴシ強くこすれば落ちる、というものではないんです」とみけままさん。

みけままさんが使用しているのは主にこちらの8アイテム。これで家全体の9割の汚れが解消できるそう。

みけままさん厳選の基本アイテム8つ

セスキ:天然素材のアルカリ剤「セスキ炭酸ソーダ」。みけままさんは「セスキの激落ちくん」の霧スプレータイプを愛用。

クリームクレンザー:キッチンのコンロまわりに使うイメージだが、洗面所やお風呂場のしつこい水垢にも使える万能選手。ただ、よく水で洗い流さないとザラザラが残る。みけままさんは「ジフ レモン」を愛用。

ハードたわし:ガチガチに固まった頑固な油汚れ(コンロの五徳)、鍋のコゲつきなどに。

ソフトたわし:抗菌タイプのナイロンたわし。コンロまわりの油汚れやシンクの水垢に。みけままさんは茂木和哉の「超人たわしZ 」を愛用。

古歯ブラシ:毛先が開いた古い歯ブラシは捨てずに取っておこう。毛先を5mmほど切って毛先を固くして使うのがポイント。

シャワーノズルの穴など、歯ブラシの毛先じゃないと届かない汚れがある

マイクロファイバークロス:蛇口や鏡の仕上げ拭きに。

粗品タオル:洗面台や床など、いろいろな場所に。4〜8つ折りで使用。あえて買うなら、無印良品の「落ちワタふきん」がおすすめだそう。「拭いたあとに拭き跡や毛くずが残らないので、鏡や蛇口まわりなどに重宝しています」とみけままさん。

ハンディモップ(伸縮式):壁や棚などのホコリとりに。

基本アイテムを揃えたところで、水まわりの各場所を掃除する“最短ルート”を見ていこう。