(左)紺野昌彦容疑者、(右)秋元司容疑者(紺野氏のインスタグラムより)

秋元司容疑者が「逮捕直前」に明かした、キーパーソンとの「関係」

不正なカネの流れはあったのか

秋元議員逮捕「事件の構図」

東京地検特捜部の外為法違反捜査が急ピッチで進み、12月25日、贈収賄事件に発展した。

収賄側は、カジノを含む統合型リゾート(IR)を担当する内閣府や国土交通省の副大臣を務めていた自民党の秋元司容疑者(48)で、贈賄側はIRに参入しようとしていた中国企業「500ドットコム」顧問の紺野昌彦容疑者(48)など。特捜部は、正月返上で、詰めの捜査を行い、余罪を追及する。

筆者は、外為法違反事件の発覚以降、秋元容疑者に連絡を取り続けており、特捜部が逮捕状を請求したとされる24日午後も、電話で事件への関与や見通しなどについて聞き、「私に不正はない。カネを受け取ったことはないし、便宜供与もしていない」という言質を得ていた。

その直撃は後にまとめるとして、事件が中国と沖縄を軸に始まり、それが北海道に飛び火したという事件構図は抑えておきたい。

秋元議員のツイッターより
 

3人のキーパーソン

キーマンは、沖縄県日中友好協会事務局長で500ドットコムのコンサルタントを務め、顧問職に就いていた紺野容疑者である。沖縄を拠点に国内外で活躍。本業を持たず、投資や起業をアドバイス、強みは内外に広がる人脈だ。

今年4月に亡くなった國場幸一郎・國場組元会長のもとで、社外秘書的な役割を担っており、その時、培った人脈がカジノに生きた。