Photo by Getty Images

5Gがいよいよスタート!期待が高まる次世代通信の「理想と現実」

実は「スマホ以外」から広がるその威力

5Gが起こす変化のスピードは「ゆっくり」?

いよいよ2020年の幕が開けた。

 

この春には、日本でも第5世代移動通信(5G)のサービスがスタートする。世界各地では、2019年中にサービスが開始されているので、日本は少し遅れての出発となる。

中国・北京ではすでに5Gのサービスがスタートしている Photo by Getty Images
拡大画像表示

新聞などを見ると、5Gが産業を劇的に変え、あたかも「新しい未来」がやってくるようなイメージをもつだろう。確かに、5Gは大きな可能性を秘めており、「4Gのままでは問題がある」のも事実だ。

一方で、5Gが理想どおりに、我々の生活をいきなり変革するものになるのか、というとそうではない。今春、国内でサービスが始まることで、期待が高まる一方の次世代通信の「真の姿」が見えてくるだろう。

今回は、その「理想と現実」を解説したい。期待外れと感じられる現実にも触れざるを得ないが、それでも、我々の生活は5Gで変わるのだ。

──ただし、ゆっくりと。

5Gでなにが変わるのか──3つのキーワード

5Gの特徴はなにか?

3つのキーワードで紹介していこう。

まずは「高速」だ。

現状で使われている4G(LTE)はその規格上、たとえばNTTドコモの場合で、現在のサービスでも受信時には「最大1576Mbps」の速度が出る。実際にはそこまで速くはなく、実効値として、数十~百数十Mbps程度だろう。

ワイヤレスでの通信は、混雑の度合いやインフラの状況により、技術的な「理論値」と実際に使った場合の「実効値」とが大きく乖離しやすい。

そのため、前述の値のように「理論値と実効値で10倍違う」ことも珍しくはないし、これでも、日本の非常に恵まれた環境での数字である。あまり速度の出ない地域では、数Mbpsといったところではないか。

とはいえ、この数値でも、日本は全世界的に見れば「スマホの通信速度がどこでも速い国」である。筆者は、取材のために世界中を移動しているが、地下鉄の車内や自宅のトイレの中でも数十Mbpsで通信できる国はそうそうあるものではない。

Photo by iStock
拡大画像表示

だが、5Gではこれがさらに速くなる。

規格上の最大速度は「20Gbps=2万Mbps」で、桁違いにガツンと速くなる。すでにサービスを開始している他国では、インフラが未熟な状態でありつつ、実効値が500Mbps・700Mbpsといったスピードが出ている。4Gの数倍の速度であり、家庭などに引かれている光ファイバー回線に匹敵する速度だ。

「遅れ」や「つながりにくさ」が解消される

第2のキーワードは「低遅延」だ。

遅延とは、処理を依頼して反応が返ってくるまでの時間のことを指す。ネットを介すると通信速度と距離、中間にあるインフラでの処理にかかる時間などが関係して、どうしても反応に遅れ=遅延が発生する。

光ファイバーなどの固定回線に比べ、携帯電話回線などの無線通信は、処理の関係から遅延が大きくなる。現在の携帯電話ネットワークでは、良好な状態でも十数ミリ秒、そうでない場合には百数十ミリ秒の遅延が起きる。

100ミリ秒=10分の1秒遅れると、遅れを隠すためにさまざまな工夫を施さないと快適なサービスにはならない。たとえば、自動車の遠隔運転や、医療における遠隔手術は難しい。

だが、5Gでは、この遅延が大幅に短くなる。理論上「1ミリ秒=1000分の1秒」になるため、遅延はかなり感じにくくなる。遅延があることで実現が難しかった先のようなサービスの多くが、可能になるはずだ。

第3のキーワードはなにか?