「深海」で生命の起源を追う第一人者、次に「宇宙」へと挑戦する理由

高井研氏語る 宇宙にも「深海」が!

「しんかい6500」や「ちきゅう」といった世界有数の装備を駆使し、深海に潜む“生命の起源”を探求してきた深海微生物研究の第一人者・高井研さん。

“生命の起源”探求のため、彼が次に見据えるのは、「宇宙」だった──。

太古の生態系・ハイパースライム

「冒険的に未知の場所に行くのが楽しいんですね。必ず新発見というものがあって、それが面白くてやっています」と話すのは、JAMSTEC(海洋研究開発機構)で、深海・地殻内生物圏研究を担う高井研氏。日本が世界をリードしてきた深海熱水における微生物研究の第一人者だ。

「しんかい6500」の実物大模型に乗り込む高井研さん

深海には300度を超える熱水が湧く熱水噴出孔がある。深海熱水微生物とは、太陽光の届かない極限環境でも、その熱水に含まれる硫化水素やメタンなどをエネルギー源として有機物を作り出す生物だ。

深海に25回以上もの潜航経験を持つ高井氏とそのチームは、有人潜水調査船や無人探査機を駆使し、水深500~5000mにある深海熱水噴出孔50箇所以上を直接調査。その中でインド洋海嶺の深海熱水に棲む、超好熱菌に注目。2002年の調査で、深海熱水環境に地球太古の生態系(ハイパースライム)が現存することを突き止めた。

 

「インド洋・かいれいフィールドの深海熱水は、日本近海のそれとは棲んでいる微生物がまったく違いました。原因を突き詰めると、インド洋の深海熱水は高濃度の水素を含んでいることが判明しました。

水素を食べてメタンを作り出す菌がいて、別種の微生物がメタンを利用して……と、太陽に依存しない、地球内部から出てくる物質だけに支えられ独立した生態系がハイパースライムなのです。

また、この深海熱水の高濃度水素は、周囲にある超マフィック岩という種類の地層が作用していることもわかりました。この発見が大きな転機になりました」

1977年に深海熱水噴出孔が発見されて以来、これこそ“生命の起源”の故郷という仮説が生まれたが、高井氏らの発見はそれを強力に推し進めるものであった。メタン菌などの超好熱菌は、人間にまでつながる系統樹の共通祖先に近い存在だった。