〔photo〕gettyimages
# 英語学習

孫正義の側近が明かす、たった1年で「英語を話せる人」になる凄ワザ

その名も「PDCA英語術」…!

「今年こそ英語を話せるようになりたい!」――新年早々にそう意気込んでいる人に、朗報だ。たった1年やるだけで、海外のビジネスパーソンと大型交渉できるほどの英会話力を手に入れる凄い勉強法があるんです。

しかもその方法と言うのが、ソフトバンクの元社長室長で、孫正義氏の無茶ぶりの数々を乗り越えてきた三木雄信氏がみずから実践した方法という“お墨付き”なのである。昨年、その英語マスター法を著書『超高速PDCA英語術』にまとめた三木氏が、1年で英語を話せるようになるための凄い秘訣をすべて明かしてくれた――。

〔photo〕gettyimages

1年で英会話をマスターする方法

子どもたちや英語初心者を対象とした英会話学校を運営していたある日のこと。そこで働く外国人講師が、とつぜん、私にこう言い放ちました。

「これでは絶対に話せるようになりませんよ!」

それは衝撃のひと言でした。戸惑いながらも、彼に理由を聞くとこんな答えが返ってきました。

「中国や韓国で教えたときは、みんな毎日通ってきたのに、日本人は週に1度しかレッスンに来ない。これで話せるようになるわけがないでしょう」

つまり日本人は学習量が圧倒的に足りないということです。それを聞いて、私の脳裏に自分自身の体験がよみがえりました。

 

私も以前はまったく英語が話せず、社会人になってから英語学習を始めた一人です。そのときに実行したのは、「1年で1000時間」の学習でした。中学・高校の授業などでの学習時間も合わせると2000時間以上になります。文字や文法や語彙が全く異なる第二言語を習得するためにこれ位の時間が必要ことは、アメリカの公的な機関の研究で明らかになっていました。ですから、やるしか道がなかったのです。

しかし、短期間に集中してこれだけの学習量をこなしたおかげで、1年後にはネイティブを相手に仕事で英語を使いこなせるようになりました。その経験から考えれば、週1のレッスンを受けるだけでは英語を話せるようにならないのは明らかです。

子どもたちや趣味で英語を習う人なら、のんびり楽しくレッスンに通えればそれでいいのですが、世の中にはきっと「仕事で英語が必要になったから、一刻も早く話せるようになりたい」という大人がたくさんいるはずです。