2020年、いよいよ40代・50代の「大量早期退職」が始まる…!

生き残るためのただひとつの方法
中原 圭介 プロフィール

夢を3つも実現する方法

今の若者にとって仕事とは、自らがスキルを磨いて成長できる機会であると同時に、やりがいを感じることができる対象です。

仕事をすることが楽しくならなければ、その仕事をする意義は薄いという価値観を持っているのです。

中高年も仕事に対する価値観を若者と同じように変えていくことが、人生を楽しく豊かにするヒントになるはずです。「好きこそ物の上手なれ」を地で行くことが求められているというわけです。

 

2020年には政府によって働く人々が70歳まで雇用を保証される法案が成立する見通しですが、ただ目標もなく惰性で仕事をしているだけでは、自らが希望する仕事に従事する可能性は低くなると考えたほうが無難です。

生涯労働といって差し障りのない環境が整備されるとなれば、希望しない仕事はできるだけ避けたいところです。

人生を通して満足感を持って働き続けるには、たとえば、20~30代後半、30代後半~50代前半、50代前半~70代前半とキャリアを3区分して考えながら、リカレント教育(学び直し)も活用して自らの新たなスキルを高めていくべきでしょう。

それはつまり「夢を3つかなえること」とイメージすれば、前向きに考えられないでしょうか。