〔photo〕iStock

2020年、いよいよ40代・50代の「大量早期退職」が始まる…!

生き残るためのただひとつの方法

「経済のグローバル化やデジタル化によって、国内外を問わず企業間の競争は日々厳しくなっており、世界的に企業の寿命が短くなる傾向が鮮明になっています。アメリカでは株価指数S&P500を構成する大企業の平均寿命は1960年には60年を超えていましたが、近年ではその半分にも満たない24年にまで短くなってきています」

そんな衝撃の事実を語るのは、『定年消滅時代をどう生きるか』の著者である中原圭介氏である。

日本では平均寿命が伸びる高齢化が進む中にあって、会社の寿命がどんどん短くなる「大量早期退職」時代がいよいよ幕を開ける――そのとき生き残っていけるのはどんな人なのか。「これからの時代を生き残るにはプロ並みのスキルが3つは必要だ」と言う中原氏が2020年からのビジネス社会を生き抜くためのサバイバル術を伝授する。

〔photo〕iStock

会社の寿命は「20年未満」になっていく…!

長寿の企業が比較的多いといわれる日本でさえも、東京商工リサーチの調査によれば、2018年に倒産した国内企業の平均寿命は24年にまで縮まってきており、遅かれ早かれ、平均寿命が20年を割り込むのは時間の問題だろうといわれています。

 

これからの日本では、大学を卒業して70歳~75歳まで働くとすれば、50年前後の会社員生活は1種類の仕事だけをするには長すぎるという状況にあります。企業の平均寿命が着々と短くなって20年を切るようになれば、職業寿命は企業寿命の2.5倍以上の長さになってしまうからです。

政府は将来、高齢者が70歳~75歳まで働ける環境を整えていくつもりですが、そうなれば計算上は人生で3つの仕事や会社を経験する機会を得なければなりません。そこで必要となるのは、転職で有利になるキャリアやスキル、仕事へのモチベーションの高さです。