Photo by iStock
# 鉄道

「酔ったら、何してもいいの?」なぜ鉄道駅員への暴力が減らないのか

心が荒んだ人が増えている

暴力事件の半数以上が酔っ払い

「よっぱらったら、何してもいいの?」というポスターを最近、駅でよく見かける。これは、2019年12月9日から全国の駅や列車内で掲出しはじめたもので、JR各社、大手私鉄などが加盟する日本民営鉄道協会、主要都市の交通局などが共同で制作したものである。

12月9日より張り出されている暴力行為防止ポスター

このポスターは2月8日までの2ヵ月間張り出される予定だが、これは年末年始の忘年会や新年会など飲酒が多くなる期間に照準を合わせたものだ。例年、この時期は酔っ払って駅員や乗務員、さらには乗客同士での暴力行為が増えていることを懸念して、暴力行為が犯罪であることを今一度認識してもらいたいとの思いから、こうしたキャンペーンを始めたという。

昔から、酒が入ると人が変わったように饒舌になったり、明るくなる人がいる。その一方で、暴言を吐いたり、暴れたりするいわゆる「酒乱」になる人も少なからずいた。周囲がとりなしたり、抑えたりする場合もあったが、中には警察沙汰になることも皆無ではなかった。

 

しかし、近年、乱れる人が増えているような気がするし、ある程度の歯止めが外れてしまったのではないかと懸念している。

日本民営鉄道協会による平成30年度、大手民鉄16社での「鉄道係員に対する暴力行為の件数・発生状況について」によれば、暴力行為が発生する状況として「鉄道係員が酩酊されたお客さまに近づいた時や理由なく突然に行われるケースが多く、時間帯については深夜帯(22時以降)に集中して発生しています」と指摘。加害者の飲酒状況も、暴力行為の発生件数169件に対し、「飲酒あり」は実に64%に達するという。