22歳のときにドイツに移住、そこで就職の壁にぶち当たりながらも、現在ドイツ人のパートナーと結婚し、暮らしている雨宮紫苑さん。海外に暮らして見えてきたことなどを寄稿いただいている雨宮さんだが、Twitterでパートナーのことをシェアするとかなりの確率でこのように言われるのだという……。

「国際結婚の離婚率は高いよ」

「国際結婚の離婚率が高いこと知らないの?」

これはわたしがライター活動をしているなかで、なんども言われた言葉だ。

夫(結婚前は彼氏)についてポジティブなツイートをすると、なぜかよくわからない悪口を言われる。冒頭のセリフもそうだし、「アジア人女はチョロいから狙われるだけ」「遊ばれてるのに気づかないめでたい女」「日本人男に相手にされなかったんだろう」といった類のものもそうだ。

もちろん、多くの人は「素敵ですね」といってくれる。それでも、幸せな人を見たら攻撃せずにはいられない人、他人の幸せを否定することで「現実を教える自分」に酔っている人が相当数いるのも事実だ。

まぁ、「外国人と付き合って調子に乗っている人が多く鼻につく」という側面もあったのかもしれないが(これに対しては自分も心当たりがあるので、そう思わせてしまったこともあると反省している)。

確かに「日本人とここが違う!」と嬉しくなってつぶやいたりもしたけれど Photo by iStock

とはいえ、幸せな人に水を差す人は、国際結婚をした人の前にだけ現れるものではない。出世して喜んでいる女性に対し、「最近は女性活躍だかなんだかでお飾りの役職も増えたからねぇ」と言ったり、いい成績がとれてご機嫌な子どもに「まぁ今回は平均点が高かったから当然だな」と言ったりする人……。どこにでもいる。

本来なら、失礼なことを言う人が悪い。当然だ。でも、実際はどうだろう? 
「幸せ自慢したほうが悪い」という空気になってはいないだろうか?

「恋人がいない人だっているんだから」とか、「昇進できない人の気持ちも考えて」とか、「この程度で満足するともっと上にいけないぞ」とか。そう言う人がむしろ「弱者の理解者」や「気を遣える人」として扱われ、「幸せアピールしたほうが悪い」とされる。

わたしは、そういう考えが大嫌いだ。幸せな人が「わたしは幸せ」だと言うことに、なんの問題があるんだろう。