〔PHOTO〕iStock

住宅ローン「金利の低さ」だけで選ぶと、こんな悲劇が起こります…

ローンの借り方・金利の選び方のコツ

住宅ローンは難解複雑です。商品の種類がやたら多く、仕組みはわかりづらい。おまけに「住宅ローンを組む」という行為は、ほとんどの人にとってはじめての経験。「よくわからないから営業マンにすすめられるまま決めた」という人もいるでしょう。

 

しかし、住宅ローンは借り方を間違えると思わぬ損をすることがあるので注意が必要です。今回は、これまで5000件以上の住宅相談にのってきた元銀行員のファイナンシャルプランナーが、住宅ローン選びにおいてよくある間違いと正しい借り方をお伝えします

〔PHOTO〕iStock

●住宅ローンの誤解(1)
一番低い金利の商品が最もお得……とは限らない

住宅ローン選びにおいて金利は最も重要なポイントです。

最近は、低い金利の商品を見つけたいと思ったら、インターネット上にある住宅ローン比較サイトを確認すれば、最低金利の商品を見つけることができる便利な世の中になりました。

ところが、多くの人がハマりがちなのが、「見た目」の金利が低い商品を選び、結果として損をしてしまうという事態です。実は、金利が低いことで上位にランキングされている商品でも、借り入れからしばらく経つと金利が上がるものもあるので気をつけてください。具体的な商品例でみてみましょう。