高校サッカー選手権「J1チーム不在」の県がいま強豪の理由

変わりゆく高校サッカーの歴史と役割
小宮 良之 プロフィール

今年6月、コパ・アメリカで大学生ながら日本代表に選ばれて話題になった上田綺世(現在は鹿島アントラーズ)は、鹿島の下部組織に在籍していたが、ユースに昇格することができなかった。そこで高校に進学し、法政大学に進んだ後で、一気に才能が開花した。

上田綺世(Photo by gettyimages)

高校サッカーが“受け皿”になっている。落とされたことで、反骨心も生まれる。目覚めたようなプレーを見せ始めることがあるのだ。

部活は環境としては恵まれていないが、教えられ過ぎず、自ら考える癖ができる。クラブユースは専門的な指導者がいて、豊富なアドバイスはくれるし、トレーニング設備も充実しているが、その分、受け身になりやすい。

高校サッカーではセンシュケンを目指しながら、“どうやってうまくなるか”を能動的に考える。チームメイトのレベルにもばらつきがあるので、それぞれの良さを出さなければ勝てない。そこで、“自分の個性をどう出し、周りの個性をどう引き出すか”という技能を無意識に身につけられるのだ。

 

ストライカーの「自覚」を育む

若く優れた人材の多くがクラブユースに流れ込む近年も、とくにFWで頭角を現すのは高校サッカー出身者がほとんどである。

最近の代表でも、岡崎慎司大迫勇也永井謙佑鈴木武蔵浅野拓磨古橋亨梧前田大然小川航基など若手も含め、高校サッカーで磨かれたストライカーばかり。型にはめられない環境で、“自分が得点しなければ誰が取る”の自覚が生まれるのか。

「高校時代からそうだったけど、追い詰められたほうが、俺は力を出せる」

国見時代にセンシュケンで得点王、優勝を経験し、37歳で現役を続ける前述の大久保は、そう説明している。

関連記事

おすすめの記事