「私には家族の物語がない」フィンランド34歳女性首相、驚きの人生

レインボーファミリー育ち、小学生でデモ…
岩竹 美加子 プロフィール

小学生でデモ、20代で政治に目覚めた

最初の政治的な行動は、小学生のときだった。

90年代後半に、学校のすぐ横にある森が伐採されることになった。森は子ども達の遊び場で、住民にも親しまれていた。マリンは、友達2人と一緒に学校から森へつながる道を何度も往復、行進した。フィンランドの国歌、「私達の国」を歌いながら。それが、マリンの最初のデモであり、社会に影響を与えるための行動だった。

学校も、伐採をやめるよう行政に働きかけたが、森は伐採されてしまった。でも、気を落とさず、 友達と一緒にそこに何本か苗木を植えた。そのとき、学んだのは、自分たちが負けて森が失われたのではない、ということ。その後、何をしていくのかについて、自分は影響を与えられるということだった。

だが、 政治の世界に進むとは思っていなかった。政治に目覚めたのは、20代になってから。マリンの主なキャリアは、およそ次の通りである。

 
2010〜2012年:社会民主党青少年組織の副議長
2013〜2016年:ピルカンマー県議会議員
2013〜2017年:タンペレ市議会議長
2014年:社会民主党副党首
2015年:国会議員(ピルカンマー県の選挙区から出馬、約11,000票を得て当選)
2019年6月:運輸・通信大臣
2019年11月:郵便局のストが1週間以上続き、交渉が紛糾
2019年12月:アンッティ・リンネ首相の辞職を受けて、首相に選出

めきめき頭角を現して、駆け上がって行った。

フィンランドの各政党には青少年組織があり、15歳から30歳までの人が加入できる。早い時期から政治に関心を持ち、政治に参加していく仕組みが用意されている。マリンも、そのキャリアを社会民主党の青少年組織から始めている。市議会議長や国会議員に選ばれたときは、まだ大学在学中だった。

フィンランドの政治と社会のシステムがあって、可能だったキャリアと言えるだろう。現在のマリンは、社会福祉や才能、努力、野心、運などの集積の上にあると言える。

マリンの主な関心事は、社会的格差をなくすこと、平等、教育、ウェルビーイング、環境、気候変動などの問題である。子どもたちが、生まれ育った境遇に関わりなく、何かを達成する希望を持てる社会、また尊厳を持って生き、老いていける社会を作っていきたいと語っている。

フィンランドは、90年代に教育改革を進めた。マリンは、新しい教育を受けて育った世代である。教育の無償、機会均等、平等、子どもの権利、ウェルビーイング、参加すること、影響を与えることを重視するフィンランドの教育が産みだした、若手政治家と見ることもできるだろう。

編集部からのお知らせ!

関連記事