〔PHOTO〕gettyimages

「トルコ系ドイツ人」プロサッカー選手、メスト・エジル氏の憂鬱

だからこそ「移民問題」は難しい

トルコ語のツイートで

ドイツの外国人は総人口の13%に上る。すでにドイツに帰化した人を合わせると、4人に1人が外国人、あるいは移民系のドイツ人だ。

その中で一番多いのが、70年代から入り始めたトルコ系の人たちで、すでに300万人にもなる。人口8000万人のドイツで300万人のトルコ系というのは、かなりのインパクトを持つ。

有名なドイツ人サッカー選手メスト・エジル(Mesut Özil)もその一人で、彼自身はドイツ生まれだが、両親はトルコからの移民だ。国籍はドイツなので、かつては独ナショナルチームの主要戦力として、ワールドカップやUEFAチャンピオンズリーグでも大活躍した。現在は、ロンドンのアーセナルFCでプレイしている。

〔PHOTO〕gettyimages


その彼が、最近、ツイッターにて、新疆ウイグル自治区での中国共産党によるウイグル人弾圧を非難した。エジルはトルコ語のツイートで、「コーランが焼かれ、モスクが閉鎖され、人々が収容所に入れられている」として、「兄弟たち」への支援を訴えたのだ。ウイグル人は、言うまでもなく、トルコと同じくイスラム教徒の人たちだ。

それに対し、中国外務省は記者会見まで開いて、「新疆ウイグル自治区で民族は団結し、落ち着いた生活を送っている」と反論した。そして、その二日後、中国の国営中央テレビ(CCTV)では、アーセナルFC対マンチェスター・シティー戦の中継が、急遽中止となった。この試合のメンバーからは、すでにエジルは外されていた。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら