上場3ヶ月で約3割上昇、今年米国で成功したIPO銘柄「エンビスタ」

岡元兵八郎の米国株マスターへの道

今回紹介する銘柄は9月に上場し株価は約3割上昇しており、今年米国で成功した歯科用機器・製品のIPO銘柄の1つだ。

長期的なターンアラウンド(事業再生や経営改革)ストーリー的な投資という視点での紹介ということでご理解いただきたい。

世界のデンタルケア市場は2023年には357億ドル規模の予想

歯医者へ喜んで行きたいと思っている人はあまりいないと思うが、行きたくなくてもいかなければならない人は多いだろう。私も例外ではない。行きたくなくても行かざるを得ない人は多いと思う。高齢になればどうしても歯に関わる問題は増えてくる傾向にある。

世界で60歳を超える人口は10億人近くになってきたが、2050年になると20億人を超え、世界の人口の22%に相当するそうだ。

 

WHOの報告によると、60歳以上の2割から3割の人たちが歯の全てを失っており、歯に関わる治療の世話になっているそうだ。

また、ブルッキングス・インスティテュートの報告書によると、2015年から2030年にかけて、ミドルクラス(※1)は20億人から35億人に増えてくると予想されている。今まで以上に質の高い治療に対して払える人口は増え、より質の高い歯科治療を求めてくる患者が増えてくるのは自然な流れだろう。

WHOによると、歯医者の数は人口100,000人に対して、米国では60人、ドイツでは85人、そして中国では10人もいないとのことだ。

今後5年間でみると、世界のデンタルケア(歯科)市場の規模は、2018年から年率5.59%の勢いで成長し、2023年には357億ドルに達すると予想されている。

(※1)ミドルクラスの定義とは、1日の支出(購買力平価ベース)が1人当たり10ドルから100ドル(約980~9,800円)であること