令和となり12月23日は祝日ではなくなった。2018年まで「天皇誕生日」だったこの日は、ご家族で上皇様をお祝いされるのだろうか。12月9日、雅子さまの56歳の誕生日には、天皇皇后両陛下の仲睦まじい姿が見られた。

2019年12月9日は皇后雅子妃の56歳の誕生日だった。誕生日用の写真も仲睦まじい姿を見せてくれた 写真提供/宮内庁

12月3日より「週刊女性」にて、「皇后雅子さま~笑顔輝くまで」という漫画連載(月1回掲載)が始まった漫画家で小説家の折原みとさんは、連載開始前に資料をよみあさり、過去の動画もみまくっている。そして仕事、結婚、出産……女性が直面するすべてのことにおいての、「雅子妃の苦悩」には愕然としたという。FRaUWebでは、折原さんが漫画ではなく文章で雅子妃の状況を伝えていく連載第5回をお伝えする。

本記事は多くの文献を読んだ上でまとめておりますが、事実関係のベースは『皇后雅子さま物語』(友納尚子著/文春文庫)を参考にしています。

雅子さまを苦しめた「心の病」

ご成婚から8年にわたる「お世継ぎ」のプレッシャーと辛い不妊治療を経て、ようやく愛子さまを出産された雅子さま。しかし、お世継ぎ問題は解決されなかったため、すぐに第二子を求められることとなった。

長年のストレスから、ついに雅子さまの心は折れ、長いトンネルの中をさまようことに……。

今回は、雅子さまを苦しめた「心の病」と、そんな雅子さま守ろうとした陛下の強い想いについて書いていきたい。

2002年12月にニュージーランドとオーストラリアへの公務にでかける皇太子夫妻。2001年12月に出産し、できるだけ長く子どもといることを望んでいたが、産後2ヵ月で公務に戻っていた Photo by Getty Images

心と体の悲鳴

私たち国民が、初めて雅子さまのお身体の「異変」を知ったのは、2003年12月2日。愛子さま2歳の誕生日の翌日のことだった。

「雅子さまが帯状疱疹」

そんな宮内庁の発表をニュースで知っても、当初はさほど気に留めることはなかった。

ご存知の通り、「帯状疱疹」は、ストレスや過労で免疫が低下すると発症するウイルス性の疾患で、身体に赤い発疹ができてピリピリ痛んだり、熱が出たりする。罹患したことのある方も多いのではないだろうか。

雅子さまは12月4日に入院したものの、4日後には退院。東宮大夫は会見で、「雅子妃は翌年春まで公務をお休みになる」と発表した。

「公務と育児の両立によるお疲れ」
「精神的に衰弱しておられる」

そんな言葉にさすがに心配になったものの、まさかその時を機に、長い間雅子さまのお姿を見ることがなくなるとは……。私たちはまだ思ってもみなかったのだ。

実はその頃、雅子さまの精神状態は、かなりギリギリまで追いつめられていたようだ。すでに秋ごろからは、不眠や倦怠感、突然の動悸などの体調不良を訴えていたという。

しかし、東宮職には精神科の医師がいなかったため、雅子さまの訴えはスルーされ続け、専門医の診察を受けることはできなかった。帯状疱疹は、そんな雅子さまの心と体が発した「悲鳴」のようなものだったのだろう。

2013年12月1日、愛子さま2歳のお誕生日に天皇皇后両陛下のもとへ向かう皇太子夫妻。笑顔で手を振る雅子さまが、このわずか2日後に入院することになるとは……Photo by Getty Images