photo by Getty Images

ネット規制で奇怪に進化、中国独自の「SNS文化」が世界に拡大中

検閲下でも、政治情報空間が形成される

中国では、独自のSNS文化が発達している。政治的影響も無視し得ない。ビジネスでは、重要なツールとして活用されている。最近では、中国発の動画メディアであるTikTokが、世界中の若者の間で広がっている。

 

インターネット規制で独自の発展

中国政府は、グレートファイヤーウォール(金盾)と呼ばれるインターネット規制を、2003年から稼働させている。

政府に批判的な団体のサイトは監視されており、アクセスしようとすると遮断されてしまう。このため、TwitterやFacebookなどの海外のSNSは、中国国内では使用することができない。

また、一市民の書き込みでも、共産党を批判するキーワードが含まれていると、即刻削除され、ウェブサイトがブロックされる。

こうしたことから、中国には独自のSNS社会が発展した。

中国は、 新聞や雑誌が国民の間に広く浸透する時代を経験せずに、インターネットを用いたSNSの時代に入った。その意味で、世界でも特異なコミュニケーション構造の社会が成立していると考えることができる

現在、中国の3大SNSと言われるのは、つぎのものだ。

1.WeChat:国際的にはWeChat(ウィーチャット)、中国国内では微信(ウィシン)と呼ばれる。Tencent(テンセント)が運営する「メッセージSNS」(会員同士がメッセージやチャットのやり取りをする)で、2011年から提供されている。

2.QQ :1999年に提供が開始された。Tencentによる「メッセンジャータイプのSNS」(ユーザー同士がリアルタイムでメッセージのやり取りをする)。

3.Weibo(微博・ウェイボー) : 様々な主体で運営されているが、代表的なのはSINA(シナ)新浪公司が運営するWeibo(SINA Weibo)。ミニブログサイトとか、中国版のTwitterと言われる。

私が時々見ているのは、「知乎」というQ&Aサイトだ。

ユーザーの質問に他のユーザーが回答している。さまざまなテーマが取り上げられており、中国人がいかなる問題に関心を持ち、それについてどんな考えを持っているかを知ることができる(いまは自動翻訳が使えるので、中国語のサイトでも難なく読むことができる)。