# AD special

日産が初披露した新型EVは「住みたくなる電気自動車」

移動の手段から、居心地のいい空間へ

提供/日産自動車

自動車が抱える「課題」を解決する

第46回東京モーターショー2019が、10月24日から11月4日まで、東京ビッグサイトで開催された。日産自動車が世界に先駆けて披露したのが、「IMk」と「ARIYA concept」という2台のコンセプトカーだ。

IMkのボディーカラーは日本の街並みに溶け込む「アカガネ」
未来を象徴する新色「カッパー」をARIYAのホイールに採用

共通するのはEV、つまり電気自動車であるということ。

その意図を、日産自動車商品企画本部商品企画部・チーフ・プロダクトスペシャリストの福田真人氏はこう説明する。

「環境や安全対策など、現在自動車が抱える課題に対し、最適なアプローチが可能なのがEV車である、と日産自動車は考えています。それを日本から世界に発信したいという思いから、今回の東京モーターショーを初披露の場に選びました」