〔PHOTO〕iStock

人間がAIに「媚びる」時代が来る? 創作の未来は希望か、絶望か

音楽家と小説家、AIを語る(後編)

「AIに『使われないよう』にする」「AIに『感動』がありますか」――そう語るのは、音楽プロデューサー・作曲家の江夏正晃さん。高校生と一緒に「AIでモーツァルトの新曲を作る」プロジェクト(Project Z)で作曲と音響を担当しました。

そんな江夏さんと対談したのは、AIが作曲を担う世界を描いた小説『 電気じかけのクジラは歌う』の著者・逸木裕さんです。音楽家と小説家がAIと創作について縦横に語りました。「AIは中二」「人間がAIに媚びる時代」……一体どういうことでしょうか。

前編はこちら:AIがヒトを超えるとき、私たちが創作する時代は終わるのか

(写真:杉山和行)

(左)逸木裕さん、(右)江夏正晃さん

手癖ではない音楽を作り出す

逸木:AIでモーツァルトの新曲を作るというプロジェクトでは、メロディーだけをAIで作成したんですよね?

江夏:そうです。ぼくがやりたかったのは、自分や人間の手癖ではない音楽を作り出すことでした。小室哲哉さんの曲は明確に小室哲哉さんの曲ですし、坂本龍一さんの曲は坂本龍一さんの曲です。それはとてもいいことなんですけど、全然違うものと交流してみたかったんです。

最近はAI作曲と似て非なる「コライト」というアプローチが流行っていて、他人と共同で曲作品を作るんです。ぼくはあまり得意ではないのですが……(笑)

 

逸木:そうなんですか?

江夏:協調性がないんですよね……(笑)。でも、AIなら一緒にできるかもしれないと思って、HPの企画を受けました。頭のいい高校生たちがAIを使ってディープラーニングでモーツァルトっぽいフレーズを作りだし、それをぼくが受け取って編集、編曲しました。