Photo by GettyImages

京アニ放火事件の容疑者が受けた、世界初の「やけど治療」の全貌

殺害予告も届く厳戒態勢下で…

全身が焼けただれた大量殺人犯は、どうやって一命を取り留めたのか。「なぜあんな人間の命を救うんだ」。これは、そんな声を受けながら、世界でも例のない難手術に挑んだ男たちの物語である。

 

あの犯人とは知らなかった

「最初に(治療の)依頼を受けたとき、私は患者があの犯人だとは知らなかったんです。『やけどが全身の90%に及んでいる患者さんがいる。診に来てもらえないか』という要請があり、他の医師とともに京都市内の病院に向かいました。

全身の90%に重度のやけどを負っている状態は、どんな熱傷(やけど)の専門家に聞いても『救命困難』という答えが返ってくると思います。私たちから見ても、過去に例のない手術だったと思います」

そう話すのは近畿大学医学部附属病院に所属する熱傷専門医のA氏。青葉真司容疑者(41歳)の担当医の一人だ。

Photo by GettyImages

36名が死亡し、33名が重軽傷を負った、京都アニメーション放火事件から、5ヵ月が経とうとしている。

事件を起こした青葉容疑者は、いまも京都市内の病院に入院している。事件直後、彼はまさに全身黒焦げ状態で、いつ死んでもおかしくない容態だった。ところが今では、そんな状態が嘘だったかのようだ。

「青葉容疑者は十分会話が成り立つほど、容態が回復しています。柔らかいものであれば口から食事も取れるようになり、ヨーグルトなどを好んで食べているそうです。記憶もしっかりしていて、事情聴取にも応じています」(捜査関係者)

なぜ青葉容疑者は死の淵から生還できたのか。それは極秘裏に「世界初」の難手術が行われていたからだ。それを受け持ったのが、冒頭のA氏を始めとする近大附属病院のチームだった。その内幕を、A氏が本誌に初めて明かした。