\今年中に掃除するべき場所②/
「寝室」

Photo by iStock

今年の12月は、‟水の気“を強化するといい月。水が司る要素の1つとして「癒やし」「休息」という意味があります。各部屋でいうと、リビングは動(陽)の部屋、寝室は静(陰)の部屋となるので、寝室を整えるといいんだそう。

「人って寝ているときにコップ1杯分の汗をかくといいますが、寝室はとにかく湿気が多いところ。過剰でジメジメした悪い湿気は東洋思想で“湿気”の“邪気”と書いて「湿邪」と呼ばれ、気怠さを感じさせたりやる気を奪うなど、人をネガティブにする作用があるんです。なので、寝室の湿邪対策はしっかりするようにしましょう。

Photo by iStock

私がおすすめしているのが『9日間シーツチャレンジ』。運気の周期って9日周期で変わると考えられているので、9日間なにかを続けることで自分がちょっと変わります。9日間毎日シーツを変えるのは、とても面倒ですが騙されたと思って4日間頑張ってみてください! たぶん、4日目の朝が相当面倒くさいんじゃないかなと思います。ただ、そこをなんとか乗り越えると、5日目の朝『こっちのほうが気持ちいい』って気づくはず! 今運気悪いなぁと感じた時、運気の流れを変えるために私が実践している方法です」

とは言っても、冬は洗濯物が乾きづらく毎日シーツ洗うのは大変。そんな方は、布団乾燥機を入れるとか、晴れたら干す、だけでもいいそうです。

「大晦日に新しいシーツで寝て、気持ちよく新年を迎えてみてください。ちなみにシーツや枕カバーの色は、薄いピンクやアイボリーがおすすめです」
 

Photo by iStock

「ちなみに、ベッドの下には絶対に何も置いちゃだめ! ベッド下収納がついているベッドは‟下げベッド”なので、できれば変えたほうがいいですが、もし変えられないようなら、引き出しに何も入れず、竹炭など空気を綺麗にしてくれるものだけを置いてください。中に洋服などを置いていると、それが‟サゲアイテム”になってしまいます。

ベッドの下は、カビと湿気とほこりが溜まりやすく、そこにものを置くと湿気とカビの温床になり、空気中に蔓延! そうなると呼吸が浅くなり、呼吸が浅いから脳に血液がうまく回らなくなり、ネガティブなことしか考えられなくなり、可能性が狭まり……というネガティブスパイラルに! なので、寝室の湿邪対策はしっかりして、気持ちいい空気を吸えるようにしてくださいね」